忍者ブログ
コリアンタウン大久保の隣、東中野の司法書士です。
2018/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、テレビで面白そうな韓国ドラマがないので、「シンデレラマン」のDVDを借りて来て、見ています。

img_1128380_28003210_0.jpg


出演者は、クォン・サンウ、ユナ、ソン・チャンウィ、ハン・ウンジョン・・・

そもそも、少女時代のユナが主役なので見てみようと思ったのですが、このドラマ、低視聴率がニュースになるほど悪かったことを後で知りました。

6話まで見たところ、出演者も悪くなく、それほどつまらなくはないドラマだと思いますが・・・。

ところで、最近まで、「レディプレジデント 大物」を見ていたのですが、クォン・サンウ、あのままの役柄で、ほとんど違和感がありません。

ですが、ハン・ウンジョンについては、「大韓民国弁護士」のイメージが強かったので、シンデレラマンの役柄に最初の頃、とても違和感を感じました・・・

そういえば、「大韓民国弁護士」のイ・スギョンは、「レディプレジデント 大物」でかなり違った役柄で、やはり最初は戸惑いました。

俳優なので、ドラマが変わると印象も大きく変わるのが当たり前なのですが、そういうのを感じられるほど韓国ドラマを見てきたのか・・・と、ちょっと感慨深いものがあります。



PR
先日、観た映画「ディアボロス」。

それに出演しているアル・パチーノは、弁護士事務所のボス役で、いくつもの外国語が話せる設定。

何気なく観ていると、電話しているシーンで、「アラッソ」「クレソ?」というセリフが聞こえてきました。

おおっ!アル・パチーノが韓国語で話をしている、と妙なところで感動。

83910view014.jpg

 「알았어(アラッソ)=わかった」

 
 「그래서?(クレソ?)=それで?」



いや~、カッコいい。





 

フジテレビの地上波で放送されていた「レディプレジデント~大物」をずっと観てきたのですが、ちょっと仕事が忙しすぎてラスト3話をなかなか観られなかったのですが、今日、やっとラストまで一気に観ることができました。

いや~スゴイ、面白すぎる。

これまで観たドラマの中では、断トツでナンバー1です。



正直なところ、これまで政治にはあまり興味がなかったのですが、このドラマのおかげで、180度認識が変わったような気がします。

出てくる人、出てくる人、ホントに魅力的で、なぜか脇役のハ・ドヤ検事の上司(最初は変な人だと思ったのですが)が最後に昇進するところで、サラッと流して見てもいいシーンなのに、思わず泣きそうになってしまった・・・。

ラストはそれまでの回とはまったく違った空気感で、いいドラマを観た~って感じで大満足でした。


注意事項
このブログに掲載、使用させていただいている映像・画像等の肖像・著作権は 本人・出処に帰属し侵害するつもりはございません。
プロフィール
HN:
司法書士にしお
性別:
男性
職業:
司法書士
最新コメント
[03/02 くるくり@韓国]
[05/22 西尾]
[05/21 イケネコ]
[05/14 西尾]
[05/13 アジュンマ]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © ハングル(韓国)を学ぶ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]